楽天市場出店

このページは、ちょうど受注処理をしていて、「業者の方かな?」と いう注文をちらほら見かけるようになった時、タイミング良く セミナーの中で、卸専用ページを作って売上を拡大したという事例を 聞いて、「これだ!」と直感しました。 早速専用ページをB2Cサイトの中に作成し、検索キーワード広告を 出したところ、狙い通り業者さんからの注文が入ってきました。 今では卸の新規取引先の多くはネットを通じて獲得しています。
ただ、最初からお土産需要を狙っていたわけではありませんでした。 ある日、受注処理をしながら、「これってもしかしてお土産の購入 じゃないか?」という事に気が付きました。その後、試しに弊社の データベースにあったお土産で売れていた商品の登録やお土産用の 小袋をサービスしたり、お土産専用のページを作成したところ、 注文が入りはじめたという感じです。
弊社は母体が卸なので、多くの仕入先があり、食品から工芸品・雑貨 まで幅広い品揃えが可能です。また、実在庫を持っているのでお客様 へ商品が届くリードタイムも短くすることができます。 特にお客様にとってネックなのが沖縄からの送料です。沖縄は陸続き でないので、送料が高い。だからお客様にとって沖縄のいろいろな商品 をまとめて送ることができるというのは、大きなメリットではないか と思います。
私には重度の障害があり肩から下が動きません。 なかなか就労のチャンスがありませんでした。 そこで、以前から興味のあった、バリアが少ないネットショップを 立ち上げることにしました。 私は、事故による脊髄損傷で両上下肢機能障害を負い、肩から下が 動かないため、呼吸で操作するマウスを使用してページ制作や店舗 運営をしています。 ユニバーサルクリエートさんやフェローシステムさんの力をお借り して立ち上がったショップです。 重度の障がい者があっても、やればできるということを、伝えられ たらなと思います。
愛媛県の葡萄の産地、内子町で観光農園を営んでいます。 巨峰に特化して25年ですが、ぶどう全般で言うと3代50年の長い歴史 のあるぶどう農家です。 小さな農園ですが、全国に当園の巨峰ファンがおられます。 45アールと小規模の農園ですが、「小さな農園だからできること」を モットーに低農薬栽培に取り組み、安心安全な巨峰をお客様にお届け できるように努力しています。
自分で立ち上げればきっと自分の財産になると思い、そして、これからはネットの時代という 思いもありましたので、すべて自分で一から勉強しました。 ちなみに【北の菓子 菓風】という店名は、 父が残してくれた「北の菓子」というブランドと、お菓子を作るのが 好きな自分、それらが生み出したお菓子たちを、今は亡き父が風にな り、たくさんの方のもとへ運んでくれたらという思いでつけました。
BOSS以上に人気のポメラニアン「ビト」が、めざましテレビ 「きょうのわんこ」で御徒町の宝石仕入れ犬として放送されました。 その時、わんこにかけて「ワンコイン福袋」を500円で販売。 全国のお客様から「テレビ観たよ~」と、ご祝儀がわりに 1日500個以上売れたことがe-ジュエリーの伝説です。
確かにジュエリージャンルは激戦区で、楽天市場にも大手の有名 ショップが続々と参入しています。 商品点数や多大な広告費用をかけてのプロモーションはとても太刀打ち 出来ないので同じ土俵にのるつもりはないです。 もし勝負するなら・・・ 「アットホームな接客」だけは負けないですね(笑)
全体の約2割の方は「お試しオーダースーツ」を購入されますが、 その他は、通常商品を購入されますね! もちろん「お試しオーダースーツ」をご注文して下さったお客様は、 2度、3度とご注文をくださります。ありがとうございます。
○うれしかったこと 家具を購入していただいたお客様が実際に家具を置いたお部屋の写真 を送ってくださり、『こんなステキなインテリアになりました♪』と いう内容のメールを頂いたときです。
今のところ、有料の宣伝は一切行ったことがありません。 楽天が企画する無料の企画にこまめに参加して認知度を高めるという ようにしております。 自社のネットショップの中で何かを独自に企画するより、楽天の主催 する企画に参加することで多くの人に認知してもらえ、ある程度の 手ごたえもあるように感じます。
店舗・商品を紹介するのみのWEBページ(いわゆる名刺型ページ)を 立ち上げたのは5年位前ですが、お買い物が出来るようになったのは 今から1年前と随分遅れてしまいました。 まだまだサイトの完成度、ネットショップでの売上げも満足のいくも のではありませんが、早く事業部として1人立ちできるようにがんば りたいと思っております。 ネットショップに期待するものは、もちろん売上げもそうですが、 実店舗との連動・相乗効果も期待しております。
当店はネットがなかったらつぶれていたショップです。 ですので、世界には理解者がいて、売れることを信じて、そして続け ていけばネットショップで売上を上げることは、難しくないことだと 思います。 でも石の上に3年もしくは5年はかかるでしょう。 でも信じて続けていくことだけが、成功へのステップだと思います。 それとネットショップ自体は特別なものではない時代になりました。 ということは、皆さんの商品やサービスの独自性が重要な時代になっ たのです。
当店の場合、本店だけでなく、楽天市場店・Y!ストア店があるので、 受注管理・購入履歴管理・メルマガ送信などなど、統合する必要が あり、 受注システムは PERRY という受注管理ASPで統合管理していますので、 あまりカートに受注以降の機能を望んでいません。
提案するライフスタイルを実現する手助けとなるグッズやサービスを、 セレクトしてご提案し、まだ存在しないものに関しては、企画及び 製作をしてご提案しております。 グッズ・サービスの選択基準は、下記ポイントに置き、 商品の企画製作セレクトをしています。
実際に実店舗とネット店を運営してみると、ネット店の方が順調に 売上が上がっていく。 当店のようなとんがったニッチなビジネスには、ネット店の方が相性 が合うことに気づき、まだ少なかったネット店講習会やOSMC加入、 ネット店長訪問などで、スキルアップとネットワークを築きながら、 ネット店舗運営を深めていく。
常にお客様の側に立って考え、できる限りのことはすべてさせていただ いております。 組み立て家具をメーカー倉庫まで行って直接組み立てて検品したりする こともありますし、お客様にご迷惑をおかけしないよう運送会社とも 密に連絡を取ってます。 また、それ以外にもメルマガ登録していただいたお客様には、週1回の ペースで入荷、再入荷商品や、特集のお知らせをしています。
プレゼントは、今のところメルマガを読んでご感想を下さったお客さま に、隔週でプレゼントをしています。 メルマガでプレゼント、、、ってちょっと目的がわかりにくいかもしれ ませんが、お客様(メルマガ読者)ともっとお近づきになれたら・・・ という思いでやってます。 新しいお客様をプレゼントで増やしていくことも大切ですが、今メルマ ガを読んでくれているお客様と、もっともっと仲良くなっていきたいで すね。
おととし、NHKの番組で寒天効果が紹介されて寒天がブームが はじまり、それから次々とテレビ放映され、 ピークの時は、3日間で粉寒天が5トン販売、 楽天市場店では、月商1億円を突破しました。 当時、私も含めスタッフ2名で対応しており、 受注処理や出荷が追いつかず、 注文からお届けまで1ヶ月かかりお客様をお待たせしてしまいました。 本社でも、業者さんからご注文殺到。 工場をフル稼働していましたが、生産が追いつかず パニック状態になっていました。 のんびりした寒天業界が一瞬にして、大ブームになり戸惑いました。 また、ブームの影響で、海外から色んな品質の寒天が日本に輸入され はじめました。 破格値の寒天も登場しましたが、 当社では、以前からの基準値を満たしたものしか販売しなかったので 差別化できたと思います。
ネットショップのオープンを勧めていた経営コンサルタントがネット店を出店する時に、きっと売上げが少ないだろうし、キツイ仕事なので、身内に歩合制で店長をやらせた方がいいというアドバイスをいただきました。 社長の娘である私が、当時、東京で専業主婦をしていたので、声がかかりました。 (オープン当時、売上げも少なく、PCに不慣れな私は、時給100円の時もありました・・・) 最初3年間くらいは、東京の自宅で家事の合間にひとりで受注処理、管理をし、出荷は、長野県の本社で行っておりました。
ちなみに当社の会社理念は、以下の通りです。 北原産業株式会社経営理念  1.我社はお客様第一主義です。常にお客様に感謝し、お客様にとって何処に我社に存在価値があるかを自問します。  2.同業者は敵ではありません。敵は時代の流れです。我社は時代の流れを見つめ、時代にあった商品を作ります。  3.我社は寒天海藻を業務として、必ず優良会社になります。我社に関係する全ての人が豊かになるために  理念にもありますように、当社の存在価値を自問することや時代の流れをつかむこと。現在のインターネット店の位置付けであります。
インターネットショップは、毎日、そのあり方が激変していると思い ます。 それについていくのは、容易ではありません。 「これが正しい」といったことも、なかなか見つけにくいかもしれま せん。 が、だから一番面白い、とも言えるのではないでしょうか。 明日は今日と違うことをやってみる、OKだったらそのままGO! うまくいかなかったら明後日はさらに違うことにトライする・・・ そんなことが、比較的少ない資金でできるのですから。 そして、開店したら、もう全国区です!
「ギフトセット」は、その必要性がなければ、日常生活にはまったく 関係がないので、メルマガなどでいくらお願いしても、見向きもされ ないと思っています。 それよりも、買っていただいた方に "ロンパーズで買って良かった" と思っていただけるよう心がけております。 私たちは、【hospitality】という言葉を大事にしております。 つまり【おもてなし】です。
当店にご注文いただく数の8割は、「出産祝い」を中心としたギフト セットになっております。 また、その大部分が、ご注文者様のお宅ではなく、贈り先様へ直送の ご依頼です。 つまり、ご注文者様は、手にとって見ることもなく、当店を信頼して 直送のご指示をされております。 「のし」や「メッセージ」のサービスもしておりますが、そこに書か れているのは、"おめでとう!本当に良かったね"という、 ご注文者様の真ごころです。 当店が販売しているものは、布絵本という商品です、が、お届けして いるのは、"ご注文者様の真ごころ"です。 だから、その信頼にお応えするべく、心を込めてお届けしなくては、 と、肝に銘じている日々です。
私どもでは、開店時からずっと、「季節の押し花」を商品に挨拶状とし てお礼してお届けしています。こちらは全てスタッフの手作りで、野山 からお花を採取して、みんなで手分けして作っています。 ジャガイモの季節にはジャガイモの花を、メロンの季節にはメロンの花 を・・・。 お客様に旬を感じていただきたいと願って始めたのですが、大変好評で、 大切にとっておいてくださるかたやblogに掲載くださる方などもいらっ しゃり、本当にありがたい限りです。
共催については現在のところ、一切実施しておりません。 これには明快な理由があり、「方向性が異なる店同士」が共同のイベン トを行っても、お客様に幸せを与えることはできないと思うからです。 お店には色々なタイプがあり、それらが全て同じように並んでいて、 お客様が本当の意味で、吟味して商品を選べるとは思えません。
20年間東京に住んでいた店長は、いつもスーパーで「北海道産」と書か れた食材を見るたび、味わうたびに残念な思いをしていました。 「本当の北海道の味はコンナものじゃない・・・」と、 「北海道」というブランドの下、決して高品質とは言えない食材も 大変多く流通しています。 それに比べて、「北海道から贈られてくる母の小包の味」はどんなに 美味しいか。 帰省のたびに感じていた「寂れていく故郷に何か貢献できないか・・・」 そんな思いと、「北海道本来の味を提供したい」と思う気持ちがマッチ しました。
とにかく。成功したいなら。。。 自腹で月10万円は、ネット通販でお買い物! 楽天は、なんとプラチナ会員! これが後に。。。 年商が億になったりするかもしれませんよ。
ただ。商品アップのスピードは、ちょっぱや。 工夫もしません。 毎日の思いつきだけで行動しています。 計画性ゼロですよ! だって。予想したってしょうがないじゃないですか? 時代のスピードがとんでもないんですもの。 昨日。売れてた服は、今日は、はやってないかもしれないもの。(笑)
楽天市場内に限らず成功しているお店に共通してるのが、凄腕スタッフ が必ず居てることだと思います。 男女問わずですが、必ずクレーバーな位、才能の華を開かせている人が いるようです。 そのコアスタッフの並外れた感性と、確信に満ちたエネルギーに負う ところがきっと大きいのかもしれません。
案の定・・・開店後、4ヶ月までは、泣かず飛ばず、 それまで、修行してきたDM理論が逆に災いとなって、楽天市場という、 独自な世界の研究を甘く見ていたのだと思います。 資金的にも追い込まれてましたので、もはや背水の陣。 一旦立ち止まり、真剣検証してみることにいたしました。 ECC(楽天のECコンサルタント)さんや先輩店長の親切な助言も あり、試行錯誤を繰り返すうちに勝利の方程式が、薄ぼんやりと見えて きました。 ただちにサイトリニューアルを決心・挙行。 そんな時に、出会ったのが・・・
特別な事はしていないです。 毎回オリジナルのハワイのポストカードの裏に 履歴を見ながら 手書きで全員の方にメッセージを書きます。 前回ご購入いただいた方には、前回のOOいかがでしたでしょうか? と書きますので、メールでお返事をいただく事も多いです。 購入者様向けのお得なメルマガも時々配信します。 まずはお店を好きになっていただけたらと思っています。
楽天ブログの方でHTMLメルマガのように お知らせしています。 ブログはメルマガと違い、来られた方全員が 読んで下さるわけで、開封率で考えると100%ですね。 実際何万アドレスと持っていても、メルマガを 読んで下さる人数を考えれば、効率は良いかと思います。 配信時間を考えなくても、効率の良い時間帯で 書けるのも便利です。
うちはライオンコーヒーを製造している ハワイコーヒーカンパニー社と その周りの関係者方々とのお付き合いが深く 日本で販売可能なフレーバーがほとんど入手でき、 未発売の商品をどこよりも先に販売する事もできます。
実店舗もネット店も商品を紹介して、販売しているだけでしたが、 ショップページやメルマガで、花の生産者さんをご紹介している うちに、実際に生産ハウスなどの見学もさせていただける機会も 増え、商材の幅も人脈も広がってきています。 また地元福島県のフリーペーパー(タウン情報誌)の発行会社から 月1回、園芸のコラム執筆のご依頼をいただき、現在連載中です。 紙媒体ですので、主に実店舗の方の宣伝にはなりますが、これも ネットショップをしていなければ、ご縁はありませんでした。 販路拡大のためのインターネット進出でしたが、共に実店舗の方も 伸びるきっかけが出来て、これは予想外だったので驚いています。
毎週の新着入荷品案内と、園芸や植物に関するコラムがメインで、 週一回、週末に発行しています。発行部数は30,000部です。 良し悪しは重々承知していますが、コラムだけ読んでおられる方も 多いようですね。特化した内容ですが、初心者から通まで読めるよう、 濃淡、硬軟のリズムはつけるようにしています。 昨年のショップオブザイヤー投票コメントで「読めるメルマガ」と 言っていただいたりで、メルマガ担当は泣いて喜んでました。
資格の理念通り、園芸は楽しい、面白いと感じてもらわなければ、 商売にもなりませんし、大きな理想で「生命を大切にして、自然や 季節を楽しむこと。」が、何か次代に繋がっていけばと思います。 そのあたりで、スタッフが3の勉強をしようと思ったそうです。 ただ園芸は知識だけでは上手くできず、経験もモノを言います。 スタッフは皆、自宅でも園芸を楽しんでいますので、知識ばかり ガチガチにならずに、バランスよくやっていけていると思います。 「園芸の、園芸好きのための、園芸好きによる店」という感じで。
ショッピングモールによって、施策は変えている? はい。 楽天はメールマーケティング中心 ヤフーは、Web広告中心 ビッダーズは、ケータイ中心です。 それぞれに理由があります。
現在では、ネットとリアル店舗では全く商材が異なり、事業としても 分けて、EC事業部として独立した運営をしている。 私は、もともと釜庄の仕事を全くしていなかったので、 リアル店舗にこだわらず、ネットで売れる商品、ネットでの売り方、 ネットでのマーケティングを勉強し、ネットで売ることだけに集中して きました。 今は、会社の売り上げの7割以上がEC事業部です。
インターネットの一番の利点は、双方向に通信出来る事です。 それを本当に理解しないと、サイトはただの見世物になります。 私自身も今だにパソコンの用語など全く知りませんし、休みの日には触 りもしませんが、一番大事な事は人間同士のコミュニケーションだと思 います。 メールのやり取り以外にも手法は様々でしょうが、 お客様とコミュニケーションが取れている店=売れている店 ではないかと思います。
事前に連絡も無く、急にお買い物ボタンで買われた方は今までお2人 おられます。 買い物ボタン自体は検索に掛かる為に付けているもので、当初は深い 意味はございませんでしたが、最近はご成約特典として契約書を交わし た後に買い物籠に入れていただき、楽天ポイントをお付けして、その後 のパーツのご購入資金としてサービスする手法を取り入れてみました。 車両本体を買っていただいた方に、後々消耗品などのお買い物をして いただければありがたいと思って試験的に始めました。 現在楽天市場のオート事業部ではその手法をキャンペーンとして採用し、 他店にも同様にお勧めして、販促活動を行っております。
当店の扱う車種は世間ではあまり価値を見出していただけない、ちょっ と古いイタリアやフランスの大衆車ばかりです。 高い値段で取引されるヴィンテージカーでも無し、ディーラーからの パーツ供給も中途半端で維持も大変、下取りや買取りに出しても値段が 付かない中途半端な年式の車ばかりですが、私自身が若い頃に欲しくて 欲しくて堪らなかった夢の車でもあります。 また当時、急速に広まったNETオークションなどでは二束三文で取引 をされていた車種達でもあります。 そんなうち捨てられている車たちをキレイにし、キチンと整備して安心 して乗れる状態にして販売しています。
喜んでもらえる商品を仕入れる。 自店舗と違って手にとってみれないので、質問とかは、早めに対応して います。 後、共同購入・オークション・ポイント倍付けで、お客さまが楽しんで 飽きない買い物を志しています。
常に心がけていることは、ありませんが、やはりリピーターの多い商品 がランキングされることが多いですね。 マスコミで取り上げられた商品とかも、さけ、たらこ、いくら・筋子、 乾物、ほたて、昆布いろいろランキングされました。 心がけているということかは、わかりませんが、北海道で本物の味のする こだわりの逸品を、頑固に妥協せず仕入れていることかな? 納得のいかない品物は、販売しないことです。
同業他店との差別化としては、どの食品も、その年の北海道の最高級の 海産物を仕入れるために、妥協せず、時間をかけていることです。 それが、 『小町商店の食品は、何を食べても当たりはずれがなく本当に美味しい』 と言われる由縁でもあります。
現役店長に訊く、人気インターネットショップの秘訣 ...
本店と楽天市場店では、やはり楽天の集客・露出の規模が桁外れに大きく 楽天市場店の方が、プレゼントキャンペーンの回数は多いです! 内容は、大体3000円~3万円までの現金プレゼントが多いですね。 しかし最近は、頭打ちの状態になってきました! 同じ内容のプレゼントキャンペーンは、 飽きられてしまう!からですね。
「匠の印鑑」とは、厚生労働大臣認定一級技能士で、技能グランプリ大会 において、一位を受賞した巨匠と呼ばれている先生方によって作り上げら れた印鑑です。 巨匠の手彫りによる印鑑は、繊細で伸びのある文字や印面バランズが良く 収まります。 ◎印鑑・はんこ製造過程のほとんどが、手彫りであること。 ◎伝統的な彫刻技術や字入れ技法によって製造されるものであること。 ◎伝統的に昔から使用されてきた原材料を主として用いられ製造される  ものであること。 ◎一級技能士の職人の特に技能グランプリ大会において、一位を受賞した  職人であること。
書店等に並んでいる本の広告文句、「寝てても儲かる、ネットショップ!」 といったふれこみはお忘れになったほうがよろしいかと存じます。 実店舗に比べ、初期投資が圧倒的に少なくてすむのがネットショップです が、運営には想像以上の困難が伴います。 ネットショップの成功の秘訣を一言で述べよ、と言われても、答えはあり ませんが、ネットショップ『失敗の法則』は、明確にあります。 それは・・・
検索サイトで、「印刷」や「パンフレット」等のキーワードで検索すると 数多くの「請負業型印刷企業」が何ページにもわたって出てきます。 当社は、「印刷技術を使った『商材』を企画・製作・販売する」ことを 社是としておりますので、向かっている方向性が全く他社様とは異なって いると考えています。 「請け負い業」では、自社の製造設備と製造人員の稼働率をいかに上げる かが会社の方針となりますが、当社ではオフセット印刷の設備は持つ必要 がありませんし、持つつもりもありませんので、印刷業界にありながら、 他社様とは違うベクトルに向かって進んでいる、と考えております。
この10年間、バブルもはじけ、景気も変わり、実店舗での売れ筋も変わり ネットでは最初は、インターネットの接続代くらいになればと思っていま したが、今では、実店舗合わせた全体でも重要な比率になって来ました。
纏めて製造している加工品(ゆば包み、ゆば小町、海老身上の湯葉巻き等) 以外の生ゆばは、発送日に作った、作り立ての品物を発送しています。 合成保存料とかは使用していません。纏めて製造している加工品も冷凍保 存しており、保存料とかは使用していません。 勿論、大豆は非遺伝子組み替え大豆と、国内産エンレイ大豆とをブレンド して使い、遺伝子組み替え大豆は使用していません。
当店は 「 パーソンブランド 」を確立しないとダメだと思っております。 大きなブランド力があるわけではないので ノンブランドで ある程度高価な金額の商品を売るときは パーソンブランド。 人を、店を信用してもらうという事が 一番だとおもっていますので 出来るだけ 日常を出してみようと考えております。
やはり当店でお売りした商品は 最後まで出来る限りの事を させていただくのは当然なので お修理をお受けしています。 そして 他店購入品に対しての修理ですが やはりこれが 上記にも書いた 他の店舗さんが「売りっぱなし」にする体制が多いからだと思います。 どこに持っていっても断られる・・・・ そんなお客様が 頼ってこられます。 そして 当店がお修理させて頂くと はっきりいって 購入時より綺麗になった・・・と喜んで頂けます(笑) 新品仕上げをしてお渡ししますので やはり そう見えるのだと思います。
モノあまりの時代、ただ単純にモノを売っていては駄目です。 商品の特性をしっかりつかみ、その誕生した背景やストーリーの把握は もちろんですが、 ・なぜその商品をお客様が買う必要があるのか? ・なぜ、その商品を店は勧めるのか? など、それぞれの理由がしっかりしていて、そのメッセージが伝わるサイ トであれば、当たり前のように売れます。しかし、なければ売れません。 実店舗にも言えることですが。。
やはり、メルマガを配信した日は売上は増えます。 しかし闇雲にメルマガを配信すればいいというものではありません。 当店では、購入・未購入客のセグメント配信はもちろんですが、配信する メルマガそのものをセグメント化することにより、どういうときにどうい う種類のメルマガが配信されるのか、お客様に周知しております。 お陰様で、メリハリがつけられ、評判も上々です。
本格焼酎ブームという大きなフォローの風があり、売り上げも 徐々に拡大していきますが、仕入れの問題(商品供給の大きな障害)、 人材不足、ネット通販という新業態の戸惑いなどなど、この2年4ヶ月は 苦難の連続でした。眠れない日々も続きました。。。 しかし、当店の本格焼酎に対する情熱が、取引先・メーカー(蔵元)は もちろんのこと、当店のお客様にまでしっかりと浸透したことで、すべて の問題を乗り越えることができ、それが現在の大きな顧客基盤を得るとこ ろまで来られたのだと思っています。
8割の店舗さんが月商100万円をはるかに下回っているのが現状ですし、 小資本で始められますが、お金を使わないと売上が上がりにくいのも事実 です。 ですが、インターネットショップの可能性は限りない物があると思います。 当店も毎年200%の伸び率で売上を上げてきました。このまま10年続けると 100億円企業も夢ではないですし、事実そんな店舗さんも出てくると思い ます。
全てのページを自社開発のデータベースよりアップしておりますので、 管理に関してはそれ程大変ではありません。 楽天・ヤフーなどのモールの場合はCSVデータでのページ更新が可能ですの で、データベースからCSVデータを吐き出すようにしております。 本店はデータベースから直接ページをHTMLに書き出しております。
もともと、絵を描いたり、工作を作ったりするのが好きでしたので、 洋菓子協会の主催するコンテストには積極的に参加していました。 1992年に栃木県の洋菓子コンクールで優勝。 その後ジャパンケーキショーなどの全国大会で5回銅賞で入賞しています。 特に全国大会での入賞は、全国から有名店舗など多数出品してきますので かなりの難関です。
デンファレが立ち上がるきっかけは、当時代表がはじめて触ったパソコン の楽しさ、便利さに感動したことだそうです。 そして、この感動を一人でも多くの方々に伝えることができれば・・・ と思い、デンファレ立上げを決意されたと聞いています。 今でもそうですが "デジタルデバイド(情報格差)" という言葉があるよ うに、使える人と、そうでない人では、その得られる情報には大きな差が 生まれます。 そこで、デンファレでは、大手企業などでは手の届かない、ネット社会の 底辺にいる方々に対して、安心・安全・親切なサービスをすることで、多 くの方々にパソコンやインターネットなど、ITの楽しさ・便利さなどを 感じて頂ければとの想いから、 「誰もがITの恩恵」を、ポリシーとしました。
プレゼントは皆さんご存知のとおり、メールマガジンの読者獲得のために 定期的に行っています。 プレゼントキャンペーンの効果は1年前と比べると、大分減ってきてます。 他の店舗さんも同じことを言っているということは、お客さんの行動パタ ーンが変わってきたのでしょうか。 オークションは「にぎわい感」を出すにはやはり必要です。 どうしてもオークション=安売りとなってしまいますが、「お試しモニター」 と一緒で、敷居の低いオークションから通常商品の購入に結びつくことが 多いので、自信のある商品を中心にオークションを定期開催しています。
インターネットショップを始めたからには、魅力はあるが一般的に流通し にくいマイナー商品を販売したいと思っています。 たとえば・・・ 生産現場で捨てられてしまうもの(シシャモのオス、たらこをとった後の すけそうだら、規格外の野菜や水産物、零細生産者がまじめに作っている ものの、規模が小さすぎたり、地味すぎて流通にのれない商品(調味料、 だし、特産品)、絶対量の少ない天然資源(またたび、天然じゅんさいな ど)、極端な味や風貌のもの(エスニック系調味料、レアもの、マニアッ クもの)。 売れているもの、大量生産システムにのったものというのは、ある意味、 食品としてはすでにスポイルされたものです。 「本物」は売れないもののなかにあるのです。
当時、私共は、何か軸となる強力な商品(サービス)があれば何らかの 突破口はあると思っておりました。 ただ、単品では売上UPの効率も限定されてきてしまいますので時期を みて関連商品の提案をさせていただいております。 当時も今もその傾向はありますが、アイテム数が多ければ多いほど売上が 上がる可能性が高いですし、当店でも取り扱いの商材を増やしていったこ とによって実際の売上UPにつながっております。
ネットビジネスはまさに仕組みづくりにあるといえるでしょう。 ページにおいてもお客様の使い勝手のよいようにユーザビリティを考え なおかつ運営者側も更新が楽になるように作らねばいけません。 受注処理も手作業だとその場しのぎの対応になり受注が増えるにしたがっ て破綻してしまいます。 システムの導入をはかり、日々のルーティーンはPCに担ってもらいま しょう。
一人で運営してたはるか昔は、セットのみのお届けでした。 セットの内容はこちらのおまかせで、毎週・隔週定期的にお届け してました。 けれども、お客様の家族構成は皆、様々ですよね! 全てのお客様がみんな同じ内容のセットでいいわけないんです。 多い、少ない、好き、嫌いいろいろありますからね~。 10年前のネットをやる以前のことで、しかも一人だけでしたので 個別の受注は出来ませんでした。 今では運営スタッフも増え、システム(独自開発ですよ)での管理も しっかりやれますのでお客様のご要望にお応えできるように柔軟に 対応させて頂いております。
OPEN当初は宣伝もあまりしなかったため、お客様も少なく 「え、こんなとこにお店ができたの」 と言われこのままでは半年持たないと思いました。 場所も新浜松駅の裏手に入った分かり辛い所に在ったため定着するのに 時間はかかると思っていましたが、それ以上に大変な立地状態でした。 そこで宣伝をと思い、ファッション雑誌、地元広告などを積極的に打ちま した。 ですが、宣伝費にかかる金額分が赤字になってしまいこれ以上の広告宣伝 は危険だと思い、売上につながるインターネット販売に興味を持ちました。
読者は17000人位です。 常に新商品情報が中心です。読者だけの限定情報もあります。 読んで頂いた方が、絶対、得をするように、プレゼント企画や店長の おもいつき企画を紹介しています。 今回も何が書いてあるか判らないから、取りあえず読んでみるか? という路線を狙っています。
多店舗展開をしている理由は、単純に入り口を広げる為でしたが、 それぞれに客層が異なることが判ってきました。 現在は、ネット上の異なる商圏に出店していると考えています。
コロッケ作りはオートメーション機械で大量に出来るコロッケが主流になり、 大量生産、大量消費のデフレ商品の代名詞だと思います。 それはそれでいいと思いますが、手作りのコロッケはやっぱりいいものです。 一人でも多くの方にそんな手作りの良さを味わって欲しいと、日々コロッケ 作りに励んでおります。
私自身、接客が大好きなんです。 これはもう、本当に好きで、天職とすら感じているぐらいです(^^ゞ オフ会を開催するためにオンラインショップを運営しているんじゃないか? とすら思うぐらい、実際にお客様とお話しながら紅茶をサーブしたり、食べ 物と紅茶の相性をご説明したりするのが好きです。 リアル店舗のオンラインショップ、という位置づけなんですけど、オンライ ン発のリアル店舗もありかな?と思っています。 近い将来、是非実現したいことのひとつです。
沖縄の顔を洗う水、って水コスメの走りです。 そして、創業者の神山さんのカミヤマ美研の作っているものを売らせて頂いて いるわけなんですが中身は非常にいい商品なんだけど、これを、言わばアヤシ イ系とかで簡単にガサガサと売り出すとどうなって行くかというと、ダンピン グしか道は無い。 それは、販売業者の自滅への道。ひいては製造業にもダメージ。 (どのような商品にもいえることと思いますが。。) 良い競争をしたい。フェアにやりたい。 そして、お客様には満足していただきたい。 そのためにはコンセプトの確立。ブランド力を充実させる。希少性を打ち出す。 などなど、いろんな挑戦をして行く必要があります。 そのためにはサイトそのものがいつも格調高くというか、一定の雰囲気を持っ ていることが大切と思うからです。そう言った事を基本テーマに更新をしてい きたいと思っています。
紳士・婦人のオーダースーツ・オーダーシャツを企画・製造・販売をしており、 すべて自社の国内工場にて製造しており、品質・信頼は自信をもっています。 紳士ではオーダーを扱っているメーカーも多いですが、婦人に関しては未だ 普及しておらず弊社を凌ぐメーカは無いと思います!
子どもの頃から味わってきた、父の作る自慢のお菓子をもっとたくさんの人に 知ってもらおうと思いました。 当初は店頭近くに住んでいるかた向きにHPを作っていたのですが、ご来店いた だくお客様から地方発送はできないかとのお問い合わせをいただき、通信販売 を始めることになりました。
ラッピングや梱包には相当こだわってるようですね? これはニバックの「魂」というか「ココロ」の表現みたいなもので、受注から お届けまで全力で接客する最後の重要で大切な部分です。
一般的にはメルアドを増やしメルマガの配信回数を増やすことで売上を伸ばし ていくらしいんですが、それは食べたり飲んだり使ったりすると消えてなくな る消耗品や陳腐化を計画的に行なうファッション商品に当てはまる理論ではな いかと考えました。 ニバックの場合は、ずっと同じ商品、それも耐久性のある商品を売り続けるん です。銀のキーホルダーやストラップはひとつ買えば一生ものですから、同じ お客様がギフト以外で二つ目を購入することは希(まれ)です。キーホルダー を購入していただいたお客様に、ストラップをお奨めすることは可能でしょう が。
長い間 大切に育てられたアセロラをインターネットで全国の人に知ってもら おう。 そして、素晴らしい評価を得て、アセロラ農家を増やし、インターネットで 町おこしをしてみようと思ったからです。
家電、パソコンを販売する際の一番の難しさは、商品自体の差別化ができず 競合店と全く同じ商品を売らなければならないというところです。お客様が 同一商品を選択する際、一番の基準はやはり価格となります。 独自ドメインの「本店」では出店料や課金がかかりませんので、価格で勝負し ております。 一方、お客様のもうひとつの基準は安心感や店のブランドイメージです。 楽天市場店ではこの点を重点にして女性のお客様をターゲットにして販売して おります。
「これでは近所のおばちゃんがデジカメを使う頃には、なにがなんやらチンプ ンカンプンだろう」 ということでした。 そこで、誰にでもわかるHPを作れば、接続やパソコンのことは得意分野ですの で、主婦の方々に役立つだろうと思い、立ち上げました。
実演販売!・・・現場監督が小売店の店舗に立って販売が出来るのか? しかし、我々に選択肢は無かったのです。やるしかなかったのです。 月曜日から金曜日までは建築の仕事。 土日は実演販売に立ちました。 どうすればお客様にアピールが出来るのか。 どうすればお客様に喜んで頂けるのか。 POPの作り方、並べ方等・・・・。 社長と私の2人は試行錯誤の中、取り組んでいきました。 毎週のように金曜日の夜行バスで大阪から東京へ。日曜日の深夜、 新宿から夜行バスで大阪へ戻る生活。簡単には売れませんでした。 経費ばかりが増え、ますます経営を苦しくしていきました。 新宿のバスターミナル。人々のにぎわいの中、夜空を見上げた時、 「ああ、俺は何をやっているんだろう」と思うと、涙があふれてきたことも ありました。
基本的に当店は値引き販売をしていないのが理由です。 しかし、半期に一度ぐらいキャンペーンを打つ時、お店に賑わい感を 出すために共同購入をしています。 そのたびに感じることは、楽天ユーザーの反応の凄さです。 たくさんのメールマガジンから情報を、取捨選択をしておられるのです。
商品を仕入れる前に、まずは心を仕入れる。そのことを忘れている 人々がいかに多いのか。自分のところの会社だけが良ければそれでいい。 そのような人がいかに多いことか。 インターネットと言えば安売りだろう・・・と頭から言われるメーカーさんが 多いのも事実です。私はこれを変えたいと思っています。 「三方良し」こそ商売の正道です。
スタッフの数は流動的です。 シゴトという概念をどう捉えるかという問題になりましょうが、実際の作業的 な時間は丁度ジャズのセッションのように過ぎていくので参加する側がとても 楽しんでいる様子です。専門が音楽の人、だとどれが本業かはわからないし、 詰まると突然私はヴァイオリンを弾き出したりする。まあ、そんな感じでやっ ています。
楽天市場では、主にお客様にお買い物をして頂く場とし、自社サイトは主に 会社案内としています。 主な宣伝方法は、プレゼント企画です。数ヶ月に一度行っています。 効果的なのは、メールマガジンです。 プレゼントに御応募して頂いた方がメールマガジンを読んでくれて商品を 御注文いただくケースが結構あります。

メールマガジン無料購読

真のノウハウは現場にあり!オンラインショップを検討中、ネット通販の売上げ&利益をアップしたい、電子商店の裏側を覗いてみたい…。では一緒に教わりましょう。
「えっ!そこまで公開して大丈夫?」そんな話が満載。

 

読者登録は無料です。大手メールマガジン配信スタンド「まぐまぐ」からの配信となります。メールアドレスの入力間違いにご注意ください。

登場ショップ募集中!

当メールマガジンは、2008年から、

  • 他薦(読者の方や知人から紹介いただいて)
  • 自薦(店長さんの方から連絡いただいて)
があった場合のみ、発行させていただくことになりました。

  • 私のお気に入りのこのショップ、ぜひインタビューして!
  • このショップの店長、面白いですよ♪
  • うちがお付き合いしているこのショップ、イチオシです!
  • うちのお店にもインタビューして
などのご連絡を、ぜひこちらのフォームから、お気軽にお寄せください。
お待ちしております。

気になる情報

ネットショップの成功には、金融等に関する知識も必要ということで・・・

これらの講座↑を主催されているファイナンシャルアカデミーさんのスタート時のインタビューは、こちらでご覧いただけます。

簡単更新SEO対策ホームページ作成 ホームページ引越しサービス 経営者・管理者のための、ビジネスホームページの作り方

月別アーカイブ

最新版 これがバカ売れネットショップだ!

2004年12月、再取材のうえ執筆、大手出版社の翔泳社から本になりました!
タイトルやオビには刺激的な言葉が踊っていますが、内容は、ネットショップ版「プロジェクトX」とも呼べるもので、ノウハウ習得はもちろんのこと、「読み物」としても楽しんでいただけます。

バカ売れオンラインショップの作り方

2004年2月、大手出版社の翔泳社から本になりました!
タイトルは派手ですが、内容はオーソドックスで、ネットショップの立ち上げから運営まで、何をどうするのか、何をしてはいけないのか、具体的な事例や方法が満載です。

Powered by Movable Type