[229] 成功ショップの影に凄腕スタッフあり

現役店長に訊く、人気インターネットショップの秘訣
(2006/07/12)
第229回 成功ショップの影に凄腕スタッフあり
3,676 部
花心堂 様
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

□□□
□□  ご挨拶

みなさま、こんにちは。ご購読いただきまして誠にありがとうございます。
初めてのみなさま、数あるメールマガジンの中から選んでくださり、
ありがとうございます。

お待たせしました!
今回のゲストは、前回に引き続き、花心堂 様です。

それでは、一緒に教わりましょう。

■■■
■■  基礎データ

【店名】 花心堂
【会社名】 有限会社花心堂
【住所】 和歌山県田辺市芳養町7番地 1F-B
【URL】 http://www.rakuten.ne.jp/gold/kasindo/

■■■
■■  特徴、優位性

(前回の抜粋)

ページづくりのヘルプをネットで募集したら、11社くらい見積もりを
くれましたが、選ぶ判断基準がわからないので、エイヤって、
組しやすそうな女の子にしました。

彼女が、現サイトプロディーサー兼バイヤーの花心堂リエちゃん
(以下:リエちゃん or リエさん)でした。

サイトニューアルの依頼しましたら、これがビックリ!
あれよあれよって、凄いパワーで、絵や言葉を紡いでいくのです。

正直疲れていた私には「鶴の機織(はたおり)」に見えてしまいまし
た(笑)。
神様が見るにみかねて、天使を遣わしたのか?って幻想もわきました。


┌――――――――――――――――――――――――――――――――
|そのリエさんにメルマガを任せたきっかけは?
└――――――――――――――――――――――――――――――――

そうこうするうちに、頼みもしないのに、リエちゃんが、僕の書いてる
メルマガに校正かけて、メールで返信してくるような珍事が起き始め、
おまけに・・・

「これじゃ売れねぇ~ぞ!」って女だてらに、べらんめぇ調のダメ出し。

「鶴かと思ってたら、説教かよっ!」ってことが、頻発。

『ほんじゃ書いてみろ!』
『仕方ねぇ~なぁ』

ってことに至り、以後延々と代筆のまま現在にいたっております。

 

┌――――――――――――――――――――――――――――――――
|ショップのコンセプト自体も変化していったとか?
└――――――――――――――――――――――――――――――――

その間にも次々とサイトリニューアルを繰り返し、私が気がついた頃に
は、「梅と炭」のお店が、すっかり、当時流行最前線の
「ヘルス&ビューティー」ショップに変わっておりました。

すわっ!「乗っ取り屋?」かと、首かしげるほど、お店は様変わり。

次々欲しい商品の仕入れを要求してきます。容赦なしの要求。
伺いというより、「指令」に近い。


┌――――――――――――――――――――――――――――――――
|当然、仕入れ先は違いますよね?
└――――――――――――――――――――――――――――――――

あっちこっち探索して、なけなしのお金はたいて、代金引換で買いまく
り。社長は金欠で、首の骨が折れるかと思うくらい寝つきの悪い夜が続
きました。

「鶴の機織どころか、とんだじゃじゃ馬娘か?」
メチャ不安がよぎります。


┌――――――――――――――――――――――――――――――――
|ショップコンセプト変更の結果は?
└――――――――――――――――――――――――――――――――

しかし・・・
しばらくすると、彼女の欲しいって言った商品は次々とヒットしていき
ます。
あれよあれよっていうまに、月商500万・・・700万って感じで、いつの
まにか、月商1000万クリアしていました。(おそらく2003年2月)

さらに、楽天モバイルへも黎明期より参入して、現在はPCからモバイ
ルに中心が移動しています。


┌――――――――――――――――――――――――――――――――
|それでどんどん任せていったのですね?
└――――――――――――――――――――――――――――――――

傍で観察していますと、
マーケットの流れ・変化を読む勘はするどく、いつのまにやら
「霊験あらたかな巫女さんか?」って思うようになりました。

あれやこれやの後、打つ手打つ手の勝率は、千代の富士並。
って言うか、朝昇竜の方に近いかも。

ってことから、商品仕入れを含む、サイト運営は全面的に任せるよう
になりました。


かくして、ジャジャ馬娘は、
サイトプロデューサー兼バイヤーにまで成長いたしました。

特に、モバイルメルマガでのエンタメは、ピシッとはまってます。
ボーイッシュ・ダイナミック・コミカルを絶妙にブレンドしてキャラ
立てをしており、パンチの効いたキャッチで一気にお客さんとの距離を
縮じめていく速攻は、往年の荒瀬関のガブリ寄りを彷彿させます。
同姓のフリークづくりが上手なカリスマ系ってところです。

最近は、マネキンモデル「麗香」を操る、人形師ブロガーも手がけてま
す(笑)

 

┌――――――――――――――――――――――――――――――――
|社長(店長)は、経営に専念?
└――――――――――――――――――――――――――――――――

失業店長である私は、いつのまにやら、社長さん業のウェイトが高くな
り、将来に向けての絵作りや、資金繰りやら、バックオフィスの効率化
なり、業界情報の収集分析やら地味な役回りに転じています。

それでも、やはり、転変めまぐるしいこのネットの世界は最前線にて
体感していないと判断が鈍っていくことは必至ですので、製作は任せて
いても、同じような目線で自らもフィールドに立って走ってることは、
大事だと思います。

予期せぬ、変化。新しい潮流。
見逃すと、気付きがうんと遅れてしまします。


┌――――――――――――――――――――――――――――――――
|現在はさらにショップコンセプトが変わったようですね?
└――――――――――――――――――――――――――――――――

それからも、お店はまたも様変わり。
レディースウェア&雑貨中心のセレクトショップに変化を遂げています。

それは的確な判断だったと思います。
いろいろな要因が重なり、楽天市場内でのヘルス&ビューティー分野は
勢いが急落。
成長軌道にブレーキ。暗雲がただよっていたからです。


┌――――――――――――――――――――――――――――――――
|出会いが大きかったのですね?
└――――――――――――――――――――――――――――――――

花心堂今日あるのも(あまりデカくありませんが)、ひとえに、こんな
じゃじゃ馬みたいで、風変わりなスタッフを持ちえたことに尽きます。

収入面から言えば、他の大きなお店や問屋・メーカーさんのお仕事を
すればもっと儲かりそうなのですが・・・。(笑)

とにかく1万人に1人くらいの天才だと思います。
デザイナーでもあり、CATVの巻頭コラム書いてたり、ライターでも
ありますが。
本人はそんな肩書きは喜びません。
実態は、スバリ「ネット商人」。

片っ端から自腹買いをしまくり、自称『楽天のお買い物女王』なので、
年中「貧乏」。

メーカーさんの言うこと、問屋の担当のお上手には一切乗りません。
いくら勧めても、「イヤなものはイヤ」「ダメなものはダメ」。
おまけに問屋の担当には、ダメだし連発。
そのエネルギーにあてられた、業界人は、訪ねていって門前に下る始末。

 

┌――――――――――――――――――――――――――――――――
|スタッフに関し、成功店には共通する部分があるとか?
└――――――――――――――――――――――――――――――――

花心堂ですが・・・
社長があのままチンタラポンタラやってたら、猛烈なスピードでうねり
を上げる楽天市場内での競争の中で、今ごろは、失速して、海の藻屑に
なっていたかもしれません。
そこまで行かなくとも、あのまま悪銭苦闘を延々と繰り返してたかも
しれません。


楽天市場内に限らず成功しているお店に共通してるのが、凄腕スタッフ
が必ず居てることだと思います。

男女問わずですが、必ずクレーバーな位、才能の華を開かせている人が
いるようです。
そのコアスタッフの並外れた感性と、確信に満ちたエネルギーに負う
ところがきっと大きいのかもしれません。


社長の仕事は、ある意味では、精神的リーダーの部分が必要ですし、
明確に方向性を出せる船長である必要がありますが、他方、
「猛獣使いの名人」であった方が上手くいくのかもしれません。(笑)


ビジネス上の約定だけでない、「信頼」関係というか、相性といいます
か、そんな同志的関係が出来上がれば、最高だと思います。


┌――――――――――――――――――――――――――――――――
|別々の場所でショップ運営されているとか?
└――――――――――――――――――――――――――――――――

花心堂は、次のような変則的な、組み合わせで運営しております。

○製作・運営は、静岡スタッフ

○実店舗運営・受注・出荷、管理などのバックオフィスは、和歌山
 スタッフ

MLで仕事段取りを頻繁にしております。


実は、もう5年目になるのに、リエちゃんには、まだ一度も
お目にかかっておりません。

こんな、伝説的で、不思議なコラボも珍しいと思います。

□□□
□□  編集「中」記

花心堂 様、ありがとうございました。


> 実は、もう5年目になるのに、リエちゃんには、まだ一度も
> お目にかかっておりません。
> こんな、伝説的で、不思議なコラボも珍しいと思います。

えっ!!!!!

弊社はネットショップの運営代行もしていますので、信頼関係があれば
直接会わなくてもやっていけることは十分承知していますが、それでも
機会があれば会うようにしています。

それが、5年間、一度も会っていないなんて・・・


次回(7/19頃発行)は、そのリエさんにもご登場いただき、じっくり
お話を訊いてみたいと思っています。
お楽しみに!

(後略)

メールマガジン無料購読

真のノウハウは現場にあり!オンラインショップを検討中、ネット通販の売上げ&利益をアップしたい、電子商店の裏側を覗いてみたい…。では一緒に教わりましょう。
「えっ!そこまで公開して大丈夫?」そんな話が満載。

 

読者登録は無料です。大手メールマガジン配信スタンド「まぐまぐ」からの配信となります。メールアドレスの入力間違いにご注意ください。

登場ショップ募集中!

当メールマガジンは、2008年から、

  • 他薦(読者の方や知人から紹介いただいて)
  • 自薦(店長さんの方から連絡いただいて)
があった場合のみ、発行させていただくことになりました。

  • 私のお気に入りのこのショップ、ぜひインタビューして!
  • このショップの店長、面白いですよ♪
  • うちがお付き合いしているこのショップ、イチオシです!
  • うちのお店にもインタビューして
などのご連絡を、ぜひこちらのフォームから、お気軽にお寄せください。
お待ちしております。

簡単更新SEO対策ホームページ作成 ホームページ引越しサービス 経営者・管理者のための、ビジネスホームページの作り方

月別アーカイブ

最新版 これがバカ売れネットショップだ!

2004年12月、再取材のうえ執筆、大手出版社の翔泳社から本になりました!
タイトルやオビには刺激的な言葉が踊っていますが、内容は、ネットショップ版「プロジェクトX」とも呼べるもので、ノウハウ習得はもちろんのこと、「読み物」としても楽しんでいただけます。

バカ売れオンラインショップの作り方

2004年2月、大手出版社の翔泳社から本になりました!
タイトルは派手ですが、内容はオーソドックスで、ネットショップの立ち上げから運営まで、何をどうするのか、何をしてはいけないのか、具体的な事例や方法が満載です。

Powered by Movable Type