2006年2月

「恒福茶具」を立ち上げたのは2002年前ですが、 その頃はホームページ自体を作るのに高額な料金が掛かりました。 ところが今はホームページ自体の製作料は数万円、 継続利用は製作自体は雛形使用でタダなんて場合もあります。 ですからインターネットショップを立ち上げるのは その頃よりも非常に取り組みやすい現在ですが、 ところが今はインターネットショップの数は星の数ほどあり、 ホームページをアップしただけでは、誰も訪問してくれません。
「恒福茶具」を開設するまでに、 仕入れルートとコネを作る為、約2年半の期間で3ヶ月から半年に1回 中国へ行っていました。 中国では日本とは商習慣も価値観も違いますから、 ある意味コネがないと何にも出来ません。 今は年に1回程度現地へ足を運ぶ位ですが、 それはインターネットの普及が中国もここ1~2年で急速に進み、 メールで文章や画像のやり取りが日本並みに出来るようになり、 商品の問い合わせや確認がメールで出来るようになったからです。
実は私は「買い物かごシステム」というネーミング自体が、 コンビニやスーパーマーケットで買い物するようで嫌いなんです。 「買い物かごに入れる」「レジへ行く」なんてボタンは特に、 コンビニやスーパーで食品を買うならまさにその通りですが、 「恒福茶具」で取り扱っている商品は、作家さんの作品です。 作家さん手作りの作品を、買い物かごに入れてレジで清算? それには非常に違和感がある訳です。 それが「買い物かごシステム」を利用しなかった一番の理由で、 ホームページ自体もある意味美術館のような 作家さんの作品を見せてもらうスペースを目指し、 出来ればミュージアムショップ的なサイトを作りたいと そういう視点から「恒福茶具」のサイトを考えています。
世界で唯一の宜興紫砂壺をご紹介していますが、 日本で一般的に販売されている宜興紫砂壺は 実は量産品で偽物が多く、それらの宜興紫砂壺には お茶の雑味を濾過してくれる効果はないのです。 「恒福茶具」の取り扱う宜興紫砂壺は、 本物の宜興紫砂壺であり、また作家さんが手作りしている 量産品とは別次元の芸術作品です。

メールマガジン無料購読

真のノウハウは現場にあり!オンラインショップを検討中、ネット通販の売上げ&利益をアップしたい、電子商店の裏側を覗いてみたい…。では一緒に教わりましょう。
「えっ!そこまで公開して大丈夫?」そんな話が満載。

 

読者登録は無料です。大手メールマガジン配信スタンド「まぐまぐ」からの配信となります。メールアドレスの入力間違いにご注意ください。

登場ショップ募集中!

当メールマガジンは、2008年から、

  • 他薦(読者の方や知人から紹介いただいて)
  • 自薦(店長さんの方から連絡いただいて)
があった場合のみ、発行させていただくことになりました。

  • 私のお気に入りのこのショップ、ぜひインタビューして!
  • このショップの店長、面白いですよ♪
  • うちがお付き合いしているこのショップ、イチオシです!
  • うちのお店にもインタビューして
などのご連絡を、ぜひこちらのフォームから、お気軽にお寄せください。
お待ちしております。

気になる情報

ネットショップの成功には、金融等に関する知識も必要ということで・・・

これらの講座↑を主催されているファイナンシャルアカデミーさんのスタート時のインタビューは、こちらでご覧いただけます。

簡単更新SEO対策ホームページ作成 ホームページ引越しサービス 経営者・管理者のための、ビジネスホームページの作り方

月別アーカイブ

最新版 これがバカ売れネットショップだ!

2004年12月、再取材のうえ執筆、大手出版社の翔泳社から本になりました!
タイトルやオビには刺激的な言葉が踊っていますが、内容は、ネットショップ版「プロジェクトX」とも呼べるもので、ノウハウ習得はもちろんのこと、「読み物」としても楽しんでいただけます。

バカ売れオンラインショップの作り方

2004年2月、大手出版社の翔泳社から本になりました!
タイトルは派手ですが、内容はオーソドックスで、ネットショップの立ち上げから運営まで、何をどうするのか、何をしてはいけないのか、具体的な事例や方法が満載です。

Powered by Movable Type