[178] わずか2人のスタッフで月商1,500万!

現役店長に訊く、人気インターネットショップの秘訣
(2005/06/29)
第178回 わずか2人のスタッフで月商1,500万!
3,835 部
シルバーアクセサリー銀屋 様
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

□□□
□□  ご挨拶

みなさま、こんにちは。ご購読いただきまして誠にありがとうございます。
初めてのみなさま、数あるメールマガジンの中から選んでくださり、
ありがとうございます。

今回のゲストは、前回に引き続き、シルバーアクセサリー銀屋 様です。

それでは、一緒に教わりましょう。

■■■
■■  基礎データ

【店名】 シルバーアクセサリー銀屋
【住所】 高知県高知市追手筋1-9-11
【URL】 http://www.ginya-shop.com


■■■
■■  そこまで言って大丈夫?運営の裏側

┌―――――――――――――――――――――――――――――――――
|現在の売上げは?
|本店、楽天店、楽天モバイル店で、一番多いのはどこ? 少ないのは?
└―――――――――――――――――――――――――――――――――

現在 ネット部門で月商1300~1500万程度です。

一番多いのは 本店サイト
やはり楽天サイトは まだ 半年しか経ってない事もあり
全体の2割程度です。

┌―――――――――――――――――――――――――――――――――
|短期間でそれだけの売上げを達成するための秘訣は?
└―――――――――――――――――――――――――――――――――

やはり情報の共有と モチベーションの維持が
一番大切だと思います。

ネットワークを大切にして
色々な先輩達から お話をお聞きして
そのノウハウを教えてもらい、サイト運営に取り入れていく

そして オンラインショップというのは
やはり孤独になってくる事がありますので
そのモチベーションを持続する為にも
同じ目標に向かって進んでいくショップ店長同士の交流は
大切だと思います。

とにかく
自分より 高いレベルを目指している 人たちに
会う、話を聞くという事を 率先して 行ってきた結果だと思います。

そして
何より オンラインショップを始めるまでは
パソコンに触った事も無く、一年半前までは 白紙の状態だったという
その点も 色々な情報が 違和感無く インプットされた 要因では
ないでしょうか。

┌―――――――――――――――――――――――――――――――――
|本店、楽天店、楽天モバイル店、合わせて、スタッフは専任で何名?
|兼任で何名? 何かアウトソーシングを利用している?
└―――――――――――――――――――――――――――――――――

今年に入ってから
全ての運営を 3人で行っています。

(スタッフ紹介では 他の人員もでておりますが
 すでに退職しております。
 又 復帰する場合があるから 掲載しておいてという 本人達の希望で
 スタッフ紹介をはずさないでおいてあります)

3人といっても
一人は全く パソコンに関係ない職人としての関与なので
実際は 二人と いう事です。

受注、メール対応、発送などで 一人
ページ作成、その他WEB関係全てで一人

そして その二人で
販促や企画など全ての計画を立てて 動いております。

┌―――――――――――――――――――――――――――――――――
|少人数で、3店も運営する秘訣は?
└―――――――――――――――――――――――――――――――――

とにかく 一人一人が
「 プロフェッショナル 」では 無く
「 ゼネラリスト 」に なるという事を
心がけております。

自分の分野、担当部署だけ無く 
全ての広い範囲を見回した行動が出来る用に
その点を 最初から
心がけて 動ける様なスタッフ育成をしてきた結果だと思っています。

┌―――――――――――――――――――――――――――――――――
|スタッフの何人かは社外で仕事をされているとのことですが、そういった
|体制下で、円滑にショップ運営するための秘訣は?
└―――――――――――――――――――――――――――――――――

その 上記の WEB担当は
現在東京在中です。

そして シルバーアクセサリー銀屋WEB部門本体は 
高知県なので社外勤務という事に
なると思います。

しかし
離れていても 仕事出来るのが
ITのいい所であり
今の時点で 不自由を感じた事はありません。

打ち合わせは
チャットや スカイプがありますし
月1度、2度は 打ち合わせを兼ねて
高知か東京で 企画会議をしたりしております。

秘訣は
やはり 本人の意識レベルの高さという事以外には
無いと思います。
誰かに支持されるから仕事をするではなく
自分で動ける様にならないと
社外勤務は難しいと思います。

 

┌―――――――――――――――――――――――――――――――――
|商品の「こだわり」を、ページに反映させて売上アップに繋げる秘訣は?
└―――――――――――――――――――――――――――――――――

安価ではなくノンブランド商品を売るにはどうすればいいか?を
いつも考えております。

やはりそれには 自社ブランディングが大切だと思います。
まだまだ 知名度がないので
ブランドとまではいきませんが
銀屋ブランディング  少しでもページからそれを感じて頂けるWEB作成
を心がけています。

なぜ宝石職人がシルバーアクセサリーを販売する様になったのか・・・

http://www.ginya-shop.com/shop/roots.htm

このページを作って
当店の商品の仕上げが綺麗だという事を
ユーザーに理解してもらうように努力しています。

そして商品画像がやはり命です。
少し重たいという難点はありますが
やはり 一般的な他のシルバー商品より高額な商品を
販売する以上
一つの商品に対しての 写真の数や画像のクオリティーは
一番重要視しております。
解像度もあまり下げておりません。

やはり手にとってご覧いただけないだけに
商品のクオリティーなどを理解してもらうには
この方法しか無いと思っています。

┌―――――――――――――――――――――――――――――――――
|新規顧客の何割くらいが再度購入してくださる?
└―――――――――――――――――――――――――――――――――

今現在の統計で
2割、3割程度です。

┌―――――――――――――――――――――――――――――――――
|再度購入していただくために、どういった施策をしている?
└―――――――――――――――――――――――――――――――――

今現在まで前に進む事に必死で リピーター客に対しての何らかのアプ
ローチとしては
全くしていなかったのが現場です。
これからの課題の一つとして今考えています。

今年の夏に向けて 購入客の中でもピックアップした方に
販促チラシを送ってみようなどと 企画しています。
勿論日用品や食品とは違いますので
スパンが短いリピーターは難しいかもしれませんが
シルバーアクセサリーを購入するなら銀屋と
思って頂ける様なアプローチを掛けて行きたいと思っています。

 

■■■
■■  店長のホンネ

┌―――――――――――――――――――――――――――――――――
|インターネットショップを開いて、これまで一番良かったこと、
|悪かったこと、困ったこと、うれしかったことは何?
|開店前と後で、何が一番変わった?
└―――――――――――――――――――――――――――――――――

やはり良かった事は
全国のユーザーに当店の商品を販売させて頂ける事です。

どんなお店でも一緒だと思いますが
自分の店の商品には愛着と自信があると思います。
その商品を みんなに知っていただく手段の一つとして
インターネットショップを開店できた事は大変嬉しい事です。

困った事は山ほど
沢山あります。

一番大事な12月にサーバーがダウンしたり
受注DBが 動かなくて
一日50件以上の佐川の伝票を手書きした時期もありました。

とにかくトラブル続きで気分が滅入り
止めてしまいたくなった事も何度かありました。
その度に スタッフに励まされ
オンラインショップの仲間達に
励まされて ことこと ここまでやってきた・・という状態です(^^ゞ

ただやはり
開店前には思っても見なかった
商売に対しての強さを 勉強から学びました。
高い目標に句かって意識を持ち続ける事。
そしてその目標をどんな事をしてでも達成する事。

これは本当に 私にとって
すごくプラスになった事です。

 

■■■
■■  読者へ一言

┌―――――――――――――――――――――――――――――――――
|これからインターネットショップを立ち上げようとしている方に対して、
|一言。
└―――――――――――――――――――――――――――――――――

商品にブランド名や店舗にかなりのブランド力が
無い限り
インターネットショップはページを作っただけでは
売り上げが上がらない事が多いです。

集客する方法、集客した後、ユーザーに購入してもらう方法など
やはり 本を読んだだけでは判らない事も多いと思います。

今ありがたいことに
全国色々な所で インターネット商売に関する勉強会が
開かれているようです。
少しでも多く、その様なところへ足を運び
生きた情報を手に入れる事が
早く売り上げを上げる秘訣だと思います。

努力した結果が 著実に表れる
オンラインショップは 本当に楽しいので
是非 頑張って欲しいと思います。

┌―――――――――――――――――――――――――――――――――
|一般消費者に対して一言。
└―――――――――――――――――――――――――――――――――

6月29日から7月5日まで、このインタビュー記事をお読み頂いた方に
限り、購入時 備考欄に 「インタビュー見ました」と書いて頂ければ
全員に粗品を進呈致します。

□□□
□□  編集後記

シルバーアクセサリー銀屋 様、ありがとうございました。

> 努力した結果が 著実に表れる
> オンラインショップは 本当に楽しいので
> 是非 頑張って欲しいと思います。

この言葉に、現在の充実ぶりがうかがえます。

再購入していただくためのアプローチは、これからとのこと。
逆に言うと、まだまだ伸びる可能性があるということですよね。
ますますのご発展、期待しております。

(後略)

メールマガジン無料購読

真のノウハウは現場にあり!オンラインショップを検討中、ネット通販の売上げ&利益をアップしたい、電子商店の裏側を覗いてみたい…。では一緒に教わりましょう。
「えっ!そこまで公開して大丈夫?」そんな話が満載。

 

読者登録は無料です。大手メールマガジン配信スタンド「まぐまぐ」からの配信となります。メールアドレスの入力間違いにご注意ください。

登場ショップ募集中!

当メールマガジンは、2008年から、

  • 他薦(読者の方や知人から紹介いただいて)
  • 自薦(店長さんの方から連絡いただいて)
があった場合のみ、発行させていただくことになりました。

  • 私のお気に入りのこのショップ、ぜひインタビューして!
  • このショップの店長、面白いですよ♪
  • うちがお付き合いしているこのショップ、イチオシです!
  • うちのお店にもインタビューして
などのご連絡を、ぜひこちらのフォームから、お気軽にお寄せください。
お待ちしております。

簡単更新SEO対策ホームページ作成 ホームページ引越しサービス 経営者・管理者のための、ビジネスホームページの作り方

月別アーカイブ

最新版 これがバカ売れネットショップだ!

2004年12月、再取材のうえ執筆、大手出版社の翔泳社から本になりました!
タイトルやオビには刺激的な言葉が踊っていますが、内容は、ネットショップ版「プロジェクトX」とも呼べるもので、ノウハウ習得はもちろんのこと、「読み物」としても楽しんでいただけます。

バカ売れオンラインショップの作り方

2004年2月、大手出版社の翔泳社から本になりました!
タイトルは派手ですが、内容はオーソドックスで、ネットショップの立ち上げから運営まで、何をどうするのか、何をしてはいけないのか、具体的な事例や方法が満載です。

Powered by Movable Type